沿革

1985年 12月 東京都目黒区で医学関係図書出版のため会社設立
1998年 1月 社長自身が難聴者であることから、聴覚障がい者のより自由で安心できる生活を求めて聴覚障がい者用の情報機器の開発を手掛け、 新宿区に福祉機器事業部を立ち上げる。
1999年 聴覚障がい者用屋内信号装置シルウォッチ販売開始。
2001年 10月 シルウォッチの機能は産業分野での需要が高まり、福祉から産業分野に進出。
2006年 5月 シルウォッチの携帯型光受信器「キューブライト」販売開始。
2006年 9月 振動目覚まし腕時計「Wake V(ウエイク ブイ)」販売開始。
聴覚障がい者用火災警報器「シルタンちゃん」販売開始。
2007年 9月 壁掛け型受信器「ピカットホーン」販売開始。
2009年 4月 経済産業省 日本を支える中小企業300社に選ばれる
2009年 12月 内閣総理大臣賞「バリアフリーユニバーサルデザイン推進功労者」
2010年 2月 外務省欧州局ロシア支援室主催、対ロシア技術支援事業「中小企業経営」
訪日研修先に選ばれる
2014年 9月 日本政策金融公庫、細川興一総裁が取引企業訪問先として当社を選ばれ来社する。
2015年 9月 双方向型シルウォッチの開発完了、販売開始。

ページ上部へ