省力・生産性向上に 双方向シルウォッチ 双方向での情報伝達の可能なシルウォッチです。迅速・確実な情報伝達の実現で、さまざまなぶんyはの業務効率の劇的な改善に貢献します。

ご利用例

①緊急時の一斉通報 通常の呼び出しにも使われますが、地震・火災警報など緊急通報を一斉に発信するケーヅでは安否確認ができて便利です。
②複数の対象をここに呼出 複数の対象に対して、必要な人にのみ連絡をする場合。この場合も相手側からの応答を確認できます。
③複数の対象の中から1人を呼出 最初に応答した人がAの場合、Aの応答を受けたマスターがB、C、D・・・に「Aが応答」と表示。A以外の人は待機の状態になります。
トップへ
機能

腕時計型送受信機2016モデル 送受信機2016モデル
充電器
シルウォッチホルダー
トップへ
仕様

2016型 送受信機SWSR-P125
2016型 腕時計型送受信機 SWSR-2125
本製品は従来製品をバージョンアップしたものです。
シルウォッチは「日本を支える中小企業300」に選ばれた中心的技術であり、東京都ベンチャー技術大賞(奨励賞)、内閣総理大臣賞(バリアフリーデザイン推進功労者賞)などの受賞歴があります。
近年は大型店舗、自動車関係をはじめとする生産現場で広く採用されております。
トップへ