法人企業向け

国内自動車生産工場

生産工程の業務効率UPに!

国内数か所に工場を有する大手自動車製造メーカー。 高級車やスポーツカーから小型車まで幅広く製造し、国内をはじめ海外へも供給しており、全世界で愛される日本を代表する自動車メーカーです

導入の背景

生産工程の業務効率化をしたい

watch2_excar_back_i01.gif

製造ラインで使用される部材は、台車ごと部材運搬車によって定期的にラインサイドに補充されていたため、部材が無くなった時点で、ライン作業者が台車ごと入替え作業を実施しなければならなかった。
このため作業者の負担は大きく、またその間製造ラインは停止してしまう可能性があり、非常に不安定な生産工程であり、なんとか生産効率の向上を図りたいと模索していた。

ページ上部へ

採用の理由

いつでもどこでも連絡できるメリットを生かした!

部材配送担当者はその生産ラインに必要な部材を、生産工場内はもちろん、別工場などに取りに行くこともあります。したがって、台車入替えのタイミングはいつでも、どこでも確認できなければならなかったが、シルウォッチシステムは特定小電力を使用しおり、中継器を配置することによりどこに居ても台車入替えのタイミングを知らせることができた。また無線方式なので大規模の工事が不要、操作もシンプルでライン作業者への負担がほとんどなかったことも採用のポイントとなりました。

ページ上部へ

導入効果

生産工程作業者の業務負担は軽減!

watch2_excar_effect_i01.jpg
ヘルツ電子株式会社
営業部 寺田様

「ライン作業者が部材の減り具合に応じて、台車入替えを部材配送担当者に連絡することにより、タイミング良く部材が補充され、また部材配送担当者が台車入替え作業を行ってくれるので、ラインが停止してしまう可能性もなくなり、生産工程の業務の平滑化を実現できた。」とおっしゃるのは、本システムの導入を担当されたヘルツ電子株式会社の寺田様。
生産ラインからの台車入替え連絡は、複数ラインから通知されますが、シルウォッチはグループ分けできることにより、該当する配送担当者にのみ台車入替えを通知することができ、複数ラインでの同時使用にもかかわらず混乱なく稼働しています。

ページ上部へ

今後の展望

別工場への展開を検討!

今回の導入は第一工場であったが、第2工場にも同様な工程があり、別工場への展開を検討しています。

ページ上部へ

お問い合わせ先

株式会社東京信友
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-14-5 新宿KMビル6階
TEL:03-3358-8000

お問い合わせフォーム